トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

公開日: 更新日:

 年金だけでは毎月5万円の赤字で、30年間で2000万円が不足する。節約で乗り切るにしても、そんな生活では夫婦仲が悪くなるのは必定。そんな中、月額30万円の企業年金をもらって涼しい顔の人たちもいる。

■もらえる人は51%

 トヨタの企業年金(3階部分)は勤続42年のモデルケースで月額21万円。厚生年金のモデル額約22万円を加えると、約43万円の月収になる。年収にして500万円超え。これなら奥さんもホクホク顔だろう。寄らば大樹ならぬ、やっぱり最後に笑うのは大企業かもしれない。

 人事院によると、企業年金制度がある企業は17年で全体の51%。06年は58%だったが、積み立て不足や資金難で基金を解散・整理してしまった中小企業が多い。この時点で老後プランに差が出るが、平均退職金2459万円のうち、企業年金で1453万円、退職一時金で1006万円を受け取っている(別表)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る