ハイキングウォーキング鈴木Q太郎が応募した怪しいバイト

公開日: 更新日:

 黒々としたロングヘアを両手でつかみ「卑弥呼さま~!」というインパクト抜群のギャグをかましていたお笑いコンビ「ハイキングウォーキング」の鈴木Q太郎さん。2月9日公開の映画「洗骨」などで俳優としても活躍中だが、かつては怪しいバイトに手を出そうとしたことも……。

  ◇  ◇  ◇

 実家は新潟の米農家です。高校の商業科を卒業して上京した時は三徳という東京のスーパーマーケットに就職するために出てきたので、貧乏ではなかったですね。新大久保に会社の寮があり、ワンルームに会社の同僚と2人で住んでいました。寮費や食費は給料から天引きされたけど、手元に十数万円残り、丸々使っていました。配属は精肉部。仕事にも馴染んで楽しくやっていて、お笑い芸人になる夢はどこかへいってしまい、気がつけば4年。このままではいけないと退職、寮を出て前の相方とマンションをシェア。その頃から貧乏になっていきましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る