西浅草「黒猫亭」横溝正史、日本酒、着物、お菓子が凝縮

公開日: 更新日:

 テレビで何度も再放送となる映画「犬神家の一族」や「八つ墓村」をそのたびに見る。原作を読んだこともある。

 しかし、その程度で横溝正史ファンとは言えそうにない。

 そんな筆者が「お客の半分は横溝ファン」という店に行ったら、「その程度の理解で取材に来たのか」などと研究不足をなじられるのではないかと、やや警戒して訪れたのが「黒猫亭」だった。しかし、店主で、いつも着物姿という宇都木由美さんの話を聞くうち、それが杞憂だと分かった。

■「宇都木ノート」

 創業は2017年11月11日だが、宇都木さんは開店にこぎ着けるまでに2年の歳月を要したという。

「もとはパティシエになろうと学んでいたんです。しかし、周囲を見てこれは勝てないなと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る