シャボン玉石けん 森田隼人社長<1>無添加にこだわる理念

公開日: 更新日:

 無添加石けんを世に広めたパイオニア企業のシャボン玉石けん。「健康な体ときれいな水を守る」を企業理念とし、無添加にこだわり続けてきた。

「石けんに無添加という言葉を使ったのは弊社が最初です。主成分以外は何も加えていないという意味ですが、最近は無添加という言葉が氾濫している。有害な化学物質をたくさん使っていても、例えば香料を1つ加えていないだけで無添加とうたえてしまうんです」

 こう話すのはシャボン玉石けんの若き社長、森田隼人氏だ。1976年8月、本社のある福岡県北九州市で生まれた。今でこそ、環境問題に立ち向かう企業として注目を集めているものの、当時は無名の存在だった。

「シャボン玉石けんと答えても、相手はポカンとするばかり。地元・北九州でさえも知られていない石けん屋だった。友達の家に行くと、戦隊ものとかディズニーとか、カラフルなキャラクター石けんがたくさんある。私の家には自分のところで出している白い石けんしかなくて、友達が羨ましかった」

 そのころは家業に誇りが持てなかった。というより、どんな石けんを出しているのかも興味がなかったのだ。

「他のところとはちょっと違う石けんを出しているんだろうなとは感じていましたが、それ以上のことを知ろうとも思わなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る