シャボン玉石けん 森田隼人社長<1>無添加にこだわる理念

公開日: 更新日:

 無添加石けんを世に広めたパイオニア企業のシャボン玉石けん。「健康な体ときれいな水を守る」を企業理念とし、無添加にこだわり続けてきた。

「石けんに無添加という言葉を使ったのは弊社が最初です。主成分以外は何も加えていないという意味ですが、最近は無添加という言葉が氾濫している。有害な化学物質をたくさん使っていても、例えば香料を1つ加えていないだけで無添加とうたえてしまうんです」

 こう話すのはシャボン玉石けんの若き社長、森田隼人氏だ。1976年8月、本社のある福岡県北九州市で生まれた。今でこそ、環境問題に立ち向かう企業として注目を集めているものの、当時は無名の存在だった。

「シャボン玉石けんと答えても、相手はポカンとするばかり。地元・北九州でさえも知られていない石けん屋だった。友達の家に行くと、戦隊ものとかディズニーとか、カラフルなキャラクター石けんがたくさんある。私の家には自分のところで出している白い石けんしかなくて、友達が羨ましかった」

 そのころは家業に誇りが持てなかった。というより、どんな石けんを出しているのかも興味がなかったのだ。

「他のところとはちょっと違う石けんを出しているんだろうなとは感じていましたが、それ以上のことを知ろうとも思わなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る