識学 安藤広大社長<1>幼少期から「組織」の厳しさを体験

公開日: 更新日:

「社員のモチベーションを上げようと思うな」「社員から好かれたいなら社長を辞めるべき」……。人間の意識構造に着目した独自の組織マネジメント理論「識学」でコンサルティングサービスを展開する株式会社識学。2019年2月に、わずか創業3年11カ月で東証マザーズに上場し、このメソッドを導入する企業は今、累計1400社を超える。

 会社運営に悩む世の経営者たちのために、識学を広めていきたい。強い思いを持って起業した代表取締役社長の安藤広大氏は、子どもの頃から「組織」というものを肌で感じてきたという。

「大阪府高槻市で生まれ、4~5歳の頃に京都府亀岡市に引っ越しました。自然の中で子育てをしたいという両親の意思だったんですが、信号もないような、のどかな町でした。勉強もスポーツも好きで、成績は小学校、中学校通してずっと一番でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る