カクトク 満田聖也CEO<1>初めての成功体験はリフティング

公開日: 更新日:

 ベンチャー企業は、売っていきたいコトやモノがあっても、売り方が分からなかったりする。だったら、スキルも経験もあるフリーランスの営業マンを雇えばいい。

 カクトクは、そうした営業に課題を抱える企業と、フリーランスや副業の営業マンをつなぐ日本最大級の営業支援プラットフォーム「kakutoku」を運営している。拠点を大分から東京に移してから、まだ5期目という若い会社だが、kakutokuの利用企業は今年1月現在で300社以上、フリーや副業の営業職の登録者数は約6000人。“働き方改革”の追い風もあって、急成長を遂げている。

 数人の仲間と起業し、現在は約30人のスタッフを率いる満田聖也(24)は1995年10月、熊本市で生まれた。

「自宅でテレビゲームをやると、父親から『外で遊べ』と怒られました。塾にも一度も行ったことがないんです。ゲームソフトを買ってもらったり、塾の話をしている友達が、ちょっと羨ましかったですね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る