キリン・ディアジオ 西海枝毅社長<1>16歳で米国へ 転機に

公開日: 更新日:

「最初のきっかけは、父親が自宅に連れてきたジョンさんでした。中学生だった私に、ジョンさんは英語で話してきたのです。自分の英語が伝わらないことに、ショックと新鮮さとを覚えました」

 西海枝毅は、1969年6月生まれ。東京都世田谷区の出身。最寄り駅は京王線の千歳烏山だった。父親は水産会社に勤めるサラリーマン。外国人を連れてきたのは、仕事の関係だったようだ。

 放課後は部活のバスケットで汗を流す、どこにでもいる普通の中学生が初めて経験する不思議な感覚だった。「何か行動しなければ」。日常にはなかった“生きた英語”に触れ、心が無性にザワつくようになる。

 尾崎豊が「卒業」を発表した1985年。都立高校に進学するが、ザワつきはおさまらない。文科省(当時は文部省)が支援していたアメリカとの交換留学制度に挑戦する。筆記だけでなく、英語での面接試験もあった。自信はなかったが、何とか合格した。

「留学が僕の人生の転機となりました。高1の夏、16歳でした」

 交換留学は、日本の文化を伝える一方、アメリカの文化を日本に持って帰るのが役割。ホストファミリーは、デトロイト郊外に在住。父は小学校の先生で、母は福祉学級のやはり教員だった。大学生の長男が1人いたが、既に大学の寮に入っていた。なので、西海枝は一人っ子のように、新しい両親からかわいがってもらう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ