キリン・ディアジオ 西海枝毅社長<1>16歳で米国へ 転機に

公開日: 更新日:

「最初のきっかけは、父親が自宅に連れてきたジョンさんでした。中学生だった私に、ジョンさんは英語で話してきたのです。自分の英語が伝わらないことに、ショックと新鮮さとを覚えました」

 西海枝毅は、1969年6月生まれ。東京都世田谷区の出身。最寄り駅は京王線の千歳烏山だった。父親は水産会社に勤めるサラリーマン。外国人を連れてきたのは、仕事の関係だったようだ。

 放課後は部活のバスケットで汗を流す、どこにでもいる普通の中学生が初めて経験する不思議な感覚だった。「何か行動しなければ」。日常にはなかった“生きた英語”に触れ、心が無性にザワつくようになる。

 尾崎豊が「卒業」を発表した1985年。都立高校に進学するが、ザワつきはおさまらない。文科省(当時は文部省)が支援していたアメリカとの交換留学制度に挑戦する。筆記だけでなく、英語での面接試験もあった。自信はなかったが、何とか合格した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る