キリン・ディアジオ 西海枝毅社長<1>16歳で米国へ 転機に

公開日: 更新日:

「最初のきっかけは、父親が自宅に連れてきたジョンさんでした。中学生だった私に、ジョンさんは英語で話してきたのです。自分の英語が伝わらないことに、ショックと新鮮さとを覚えました」

 西海枝毅は、1969年6月生まれ。東京都世田谷区の出身。最寄り駅は京王線の千歳烏山だった。父親は水産会社に勤めるサラリーマン。外国人を連れてきたのは、仕事の関係だったようだ。

 放課後は部活のバスケットで汗を流す、どこにでもいる普通の中学生が初めて経験する不思議な感覚だった。「何か行動しなければ」。日常にはなかった“生きた英語”に触れ、心が無性にザワつくようになる。

 尾崎豊が「卒業」を発表した1985年。都立高校に進学するが、ザワつきはおさまらない。文科省(当時は文部省)が支援していたアメリカとの交換留学制度に挑戦する。筆記だけでなく、英語での面接試験もあった。自信はなかったが、何とか合格した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る