Jスタイルズ 平渡淳一社長<1>カネが底つき留学を切り上げ

公開日: 更新日:

 ワーキングホリデー経験者や留学経験者の就職支援と、飲食・サービス企業の海外展開コンサルを手掛けるJスタイルズ(東京都千代田区)は、2015年に創業。社長の平渡淳一は1971年生まれの、いわゆる“失われた世代”だ。

 一度は自己破産した彼の波乱の人生に迫る。

「留学資金は出せない。ウチは裕福じゃないから」

 日頃は温厚なサラリーマンの父親が、キッパリと言い放った。1990年春、明治大学法学部に合格したばかりの平渡は、「留学したい」と父に打ち明けたが、完全に拒絶されてしまう。埼玉県草加市の自宅でのワンシーンだった。両親は共に栃木県足利市の出身。苦労しながら平渡と妹を育てていた。教育には熱心で、小学校に上がったばかりの長男を近所の英語塾に通わせる。

「月謝が安い割に楽しかった。私が英語を好きになるきっかけでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る