証券会社の「投資判断」や「目標株価」は信じていいのか

公開日: 更新日:

 株価情報のニュースなどで、「○×証券が△□の投資判断を引き上げ、目標価格を○○○円に」などの表記を見かけると思います。参考にして儲けた方もいらっしゃるのでは。今回はその裏側についてです。

 巷間では証券会社がある銘柄の買い推奨をすると、自己売買部門が先回りして買い、株価が上昇すると売却して儲けているともいわれます。でも今はコンプライアンスが徹底し、部門間にはファイアウオールが設けられ、できないようになっています。

 もちろん昔はすごかったです。

 1980年代後半のバブル期、大手証券会社は「シナリオ営業」により、株式の「大量推奨販売」を行っていました。例えば、「ウオーターフロント再開発により、東京湾岸に土地を所有する企業の価値が上がる」というシナリオで、「推奨銘柄(石川島播磨、東京ガス、日本鋼管など)」と、大まかな「目標株価」を決め、営業部隊が推奨銘柄を一斉に顧客に勧誘・販売しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る