終始ノラリクラリ…“参考人”みずほ頭取のデタラメ答弁

公開日: 更新日:

 みずほ銀行の暴力団融資を巡り、13日午前、衆院財務金融委員会において、佐藤康博頭取らの参考人招致が行われた。なぜ、問題融資の処理を放置したのか。取締役会、コンプライアンス委員会において、何度も報告が上がっていたのに、当初、「頭取は知らなかった」とシラを切った理由は何なのか。他にも問題融資がどれくらいあるのか。ノラリクラリの答弁に終始した佐藤頭取だったが、暴力団への融資がまだ残っていることは認めざるを得なかった。

 まず質問に立ったのは自民党の御法川信英、公明党の竹内譲議員ら。なぜ、問題融資を放置したのか。なぜ、頭取は知らないと言ったのか。取締役会で報告されていたのに、(頭取が辞任しない)社内処分は甘すぎないか、などを問いただしたが、佐藤頭取はシレッとしたものだ。丁寧な言葉遣いで「反省」を口にしながら、到底、国民は納得できないような説明を繰り返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る