「何らかの対応ある」甘利大臣“賃上げ恫喝発言”は焦りの表れ

公開日: 更新日:

 11日の会見で、甘利明経財相の口からヤクザの脅し文句みたいな言葉が飛び出した。今年の春闘の賃上げについて聞かれると、「政府は復興特別法人税の減税を前倒しして、原資を渡している」「利益が上がっているのに何も対応していない企業は、経済の好循環に非協力的」「経済産業省から何らかの対応があると思う」と言ったのだ。

「何らかの対応」とはどういう意味か。先月、茂木経産相が「東証1部上場の大手企業については、経団連や連合と協力し、賃金の伸び率や企業収益などを把握し、企業名を含め公表したい」と国会で言った、企業名の公表なのか。甘利は、再度質問されると、「デフレから脱却するには相当なパワーが必要だ」「それには経済界の構成員が、他人事ではなく自分事として認識することが大切で、それを喚起するような対応を経産省が取ると思う」と言った。ウッカリではなく、明確な意思を持って脅し文句を口にしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る