「何らかの対応ある」甘利大臣“賃上げ恫喝発言”は焦りの表れ

公開日:  更新日:

 11日の会見で、甘利明経財相の口からヤクザの脅し文句みたいな言葉が飛び出した。今年の春闘の賃上げについて聞かれると、「政府は復興特別法人税の減税を前倒しして、原資を渡している」「利益が上がっているのに何も対応していない企業は、経済の好循環に非協力的」「経済産業省から何らかの対応があると思う」と言ったのだ。

「何らかの対応」とはどういう意味か。先月、茂木経産相が「東証1部上場の大手企業については、経団連や連合と協力し、賃金の伸び率や企業収益などを把握し、企業名を含め公表したい」と国会で言った、企業名の公表なのか。甘利は、再度質問されると、「デフレから脱却するには相当なパワーが必要だ」「それには経済界の構成員が、他人事ではなく自分事として認識することが大切で、それを喚起するような対応を経産省が取ると思う」と言った。ウッカリではなく、明確な意思を持って脅し文句を口にしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る