軽自動車増税が引き金 スズキは外資メーカーの標的になる

公開日: 更新日:

 政府・与党は14年度の税制改正で、軽自動車税を増税する方針を固めた。軽自動車に強いスズキの鈴木修社長(83)は、当初から「弱い者イジメだ」と怒りをあらわにし、
 「所得の少ない人が仕事や生活に軽自動車を利用している」と反発。だが、増税の流れは変わらなかった。

「そもそも軽自動車税は米国がTPP交渉で持ち出した案件です。増税幅は別として、日本は他の交渉事を有利に進めるためにも受け入れるしかなかったでしょう」(市場関係者)

 自民税調は“弱い者イジメ批判”をかわすため、増税対象を新規購入に限る方針を打ち出したが、クルマはいずれ買い替える。利用者にとっては増税の先延ばしに過ぎない。

「現行は年7200円ですが、1.5倍にする案が有力です。こうなると、軽自動車を手放す人が続出するかもしれません。メーカーは売り上げ激減に襲われます。業界再編も視野に入ってきます」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  3. 3

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  7. 7

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  8. 8

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

もっと見る