後継者は妹ヨジョンか ストレス激太りの金正恩に重病説

公開日:  更新日:

急死したらどうなる

「金正恩 激太り」――。
 韓国の自由北朝鮮放送が先週、報じたニュースは衝撃的だ。

 体重が120キロまで増えた金正恩(30)は、心臓疾患を患い、脳梗塞の症状まで出はじめているという。昨年末、叔父で後見人だった張成沢を処刑した後、ウツ状態になり、暴飲暴食がつづき、今年1月からは顔面マヒの症状も表れているそうだ。突然、左手の自由が利かなくなり、毛髪も抜けているという。

 どこまで本当なのか、確認のしようがないが、体重が増えたことと、ストレスのためかたばこを手放せないのは確かなようだ。元韓国国防省北韓分析官で拓大客員研究員の高永喆氏がこう言う。

「正恩の体調悪化は、漏れ伝わっています。精神的なプレッシャーは相当強いだろうから、ストレスから体調を悪化させても不思議ではない。本人は大物ぶっていますが、なにしろまだ30歳です。祖父や父のように権力闘争をくぐりぬけた経験もない。軍の幹部を次々に更迭し、コロコロと人事を変えているのも、疑心暗鬼、不安の裏返しでしょう。夜もグッスリと眠れないのだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る