• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後継者は妹ヨジョンか ストレス激太りの金正恩に重病説

急死したらどうなる

「金正恩 激太り」――。
 韓国の自由北朝鮮放送が先週、報じたニュースは衝撃的だ。

 体重が120キロまで増えた金正恩(30)は、心臓疾患を患い、脳梗塞の症状まで出はじめているという。昨年末、叔父で後見人だった張成沢を処刑した後、ウツ状態になり、暴飲暴食がつづき、今年1月からは顔面マヒの症状も表れているそうだ。突然、左手の自由が利かなくなり、毛髪も抜けているという。

 どこまで本当なのか、確認のしようがないが、体重が増えたことと、ストレスのためかたばこを手放せないのは確かなようだ。元韓国国防省北韓分析官で拓大客員研究員の高永喆氏がこう言う。

「正恩の体調悪化は、漏れ伝わっています。精神的なプレッシャーは相当強いだろうから、ストレスから体調を悪化させても不思議ではない。本人は大物ぶっていますが、なにしろまだ30歳です。祖父や父のように権力闘争をくぐりぬけた経験もない。軍の幹部を次々に更迭し、コロコロと人事を変えているのも、疑心暗鬼、不安の裏返しでしょう。夜もグッスリと眠れないのだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る