日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後継者は妹ヨジョンか ストレス激太りの金正恩に重病説

急死したらどうなる

「金正恩 激太り」――。
 韓国の自由北朝鮮放送が先週、報じたニュースは衝撃的だ。

 体重が120キロまで増えた金正恩(30)は、心臓疾患を患い、脳梗塞の症状まで出はじめているという。昨年末、叔父で後見人だった張成沢を処刑した後、ウツ状態になり、暴飲暴食がつづき、今年1月からは顔面マヒの症状も表れているそうだ。突然、左手の自由が利かなくなり、毛髪も抜けているという。

 どこまで本当なのか、確認のしようがないが、体重が増えたことと、ストレスのためかたばこを手放せないのは確かなようだ。元韓国国防省北韓分析官で拓大客員研究員の高永喆氏がこう言う。

「正恩の体調悪化は、漏れ伝わっています。精神的なプレッシャーは相当強いだろうから、ストレスから体調を悪化させても不思議ではない。本人は大物ぶっていますが、なにしろまだ30歳です。祖父や父のように権力闘争をくぐりぬけた経験もない。軍の幹部を次々に更迭し、コロコロと人事を変えているのも、疑心暗鬼、不安の裏返しでしょう。夜もグッスリと眠れないのだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事