• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後継者は妹ヨジョンか ストレス激太りの金正恩に重病説

急死したらどうなる

「金正恩 激太り」――。
 韓国の自由北朝鮮放送が先週、報じたニュースは衝撃的だ。

 体重が120キロまで増えた金正恩(30)は、心臓疾患を患い、脳梗塞の症状まで出はじめているという。昨年末、叔父で後見人だった張成沢を処刑した後、ウツ状態になり、暴飲暴食がつづき、今年1月からは顔面マヒの症状も表れているそうだ。突然、左手の自由が利かなくなり、毛髪も抜けているという。

 どこまで本当なのか、確認のしようがないが、体重が増えたことと、ストレスのためかたばこを手放せないのは確かなようだ。元韓国国防省北韓分析官で拓大客員研究員の高永喆氏がこう言う。

「正恩の体調悪化は、漏れ伝わっています。精神的なプレッシャーは相当強いだろうから、ストレスから体調を悪化させても不思議ではない。本人は大物ぶっていますが、なにしろまだ30歳です。祖父や父のように権力闘争をくぐりぬけた経験もない。軍の幹部を次々に更迭し、コロコロと人事を変えているのも、疑心暗鬼、不安の裏返しでしょう。夜もグッスリと眠れないのだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る