• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ナンバー2また切り捨て重鎮一掃 止まらない金正恩の“暴走”

 北朝鮮ナンバー2が、また失脚したようだ。昨年末の張成沢・元国防副委員長の処刑後、序列2位に浮上したとみられた崔竜海・朝鮮人民軍総政治局長が監禁されたというのだ。

「第1報は2月28日に韓国の『自由北韓放送』が伝えました。平壌在住の消息筋の情報とし、『先月21日、軍防衛司令部の三十数人が、在宅中の崔氏を逮捕。現在は司令部内に監禁して尋問中』と詳細に報じたものです。崔氏は最近、金正恩第1書記に随行する頻度が極端に減り、2月16日以降は公の場に姿を現していません。失脚した可能性はかなり高いと思います」(コリアレポート編集長・辺真一氏)

 崔は張派処刑の首謀者とされ、総政治局長は軍トップに相当するポストだ。元ナンバー2の処刑から、わずか2カ月余り。いくら常識の通じない国とはいえ、新たなナンバー2が再び「粛清」とは尋常ではない。何が起きているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る