慶大名誉教授・小林節氏 「解釈改憲は憲法ハイジャックだ」

公開日: 更新日:

安保法制懇は学識なし

 平和憲法改正に執念を燃やす安倍政権が昨年、憲法改正手続きを定めた96条を先行改正しようとした時に「裏口入学はダメだ」と叩き潰したのが、この人だ。学会の重鎮の怒りに、さしもの安倍首相も方向転換せざるを得なくなったのだが、そこで持ち出してきたのが閣議決定による解釈改憲で、限定的に集団的自衛権を認めてしまおうという“禁じ手”だ。度重なる安倍のデタラメに重鎮の怒りが再び、爆発!

――96条改正を引っ込めたと思ったら、今度は解釈改憲で9条を骨抜きにしようとしていますね。いろいろな限定、条件を付けて、集団的自衛権を行使できるようにしようとしている。

 安倍政権は錯乱しているとしか思えません。まず、大前提として、憲法は国家権力を縛るものなのです。縛られる国家権力の中で一番強いのが内閣ですよ。その内閣が閣議決定で憲法解釈を変えて、憲法の精神をひとひねりしようとするなんて、あり得ないことです。この行為自体が憲法違反、「憲法ハイジャック」だと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る