雲隠れ2カ月半 渡辺喜美氏に迫る特捜部の本格捜査

公開日: 更新日:

 22日で通常国会は閉会したが、結局、みんなの党前代表の渡辺喜美氏(62)は2カ月半も国会をすっぽかし、ついに国会に姿を現さなかった。4月7日に「DHC」の吉田嘉明会長から受け取った8億円の問題について、「何ら違法な点はない」と強弁し、代表を辞任したまま雲隠れしてしまった。地元の那須塩原に戻って謝罪行脚に励んでいたようだ。

 しかし、いくら謝ったところで渡辺の政治生命はもう終わりだ。すでに市民団体の代表が「政治資金規正法違反」で刑事告発し、さらに今月2日には憲法学者ら16人が「政治資金規正法」、あるいは「公職選挙法」に違反しているとして、東京地検特捜部に告発状を提出している。

 国会議員には「現行犯を除いて逮捕されない」という不逮捕特権があるが、それは国会会期中の話。閉会した今、特捜部がその気になればいつでも渡辺の身柄を押さえることができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  3. 3

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  4. 4

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  5. 5

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  8. 7

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  9. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 9

    都知事選の結果を見て、東京は「差別の都」なのかと思った

  11. 10

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

もっと見る