「八百屋のよっちゃん」望月義夫環境相 “庶民派”でも懐ホカホカ

公開日: 更新日:

●トマト シンボルマークに「トマト」を採用しているのは、八百屋の精神を忘れないためらしい。庶民派を売りに、地元では「八百屋のよっちゃん」なんて呼ばれているが、今では資産5549万円のお金持ち。静岡県内に2056平方メートルの土地を持っていて、建物も5軒所有している。

 小泉内閣時代に環境大臣政務官に就任しているが、もともと国交族。国交副大臣も経験し、3年前の野党時代には自民党SC(影の内閣)の国交相だった。

「本人は国交相を熱望していたそうですが、公明党の太田(昭宏)大臣の手前、引き下がるしかなかった。自民党の港湾議員連盟会長でもあり、地元からは『国交相になって地元を発展させて』と期待されていたそうです。世界遺産に登録されたばかりの富士山のお膝元というのも、環境相になれた決め手のひとつだったそうですが、本人の気持ちは複雑かもしれません」(地元関係者)

●政治資金でクラブ 自民党静岡県連で、2010~11年の間に7回にわたり、クラブやラウンジの飲み代約66万円を「政治資金から支出」と一昨年に報じられた。県連会長だった望月は「私はクラブに行ったことはないが、情報収集など政治活動において必要だったと思う」などと言い訳し、批判を浴びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る