敵少なく推薦入閣…竹下亘復興相はDAIGO人気にも便乗

公開日:  更新日:

■竹下亘復興相(67=島根2区、当選5回)

 竹下登元首相の22歳離れた異母弟。中学を卒業すると、故郷・島根を出て、慶応高校から大学までエスカレーターで進んだ。慶大卒後、NHKに16年間在籍。1985年に竹下事務所の秘書となり、15年間、兄を支えた。

 00年6月、病床から政界引退を表明した登の後継者として総選挙に出馬。選挙戦の最中に登が死去したことで弔い合戦になり初当選。地盤、看板、組織票のすべてを引き継いだのだから、左うちわである。

「亘にとって登は父親同然の存在でした。『亘』と命名したのも登だし、登の長女と亘は同級生。兄ではなく、もっぱら姪っ子と遊んで育ったそうです。大学時代は赤坂にあった議員宿舎に行き、兄嫁に食事をごちそうしてもらっていました」(地元関係者)

●DAIGO “登の孫”のDAIGOは強力な選挙の助っ人。出雲市や浜田市など選挙区内で開催されたショーに割り込んで、「最近はDAIGOのおじさんだといわれるんです(本当は大叔父)」「ついでに私のことも覚えていただきたい」とアピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る