敵少なく推薦入閣…竹下亘復興相はDAIGO人気にも便乗

公開日:  更新日:

■竹下亘復興相(67=島根2区、当選5回)

 竹下登元首相の22歳離れた異母弟。中学を卒業すると、故郷・島根を出て、慶応高校から大学までエスカレーターで進んだ。慶大卒後、NHKに16年間在籍。1985年に竹下事務所の秘書となり、15年間、兄を支えた。

 00年6月、病床から政界引退を表明した登の後継者として総選挙に出馬。選挙戦の最中に登が死去したことで弔い合戦になり初当選。地盤、看板、組織票のすべてを引き継いだのだから、左うちわである。

「亘にとって登は父親同然の存在でした。『亘』と命名したのも登だし、登の長女と亘は同級生。兄ではなく、もっぱら姪っ子と遊んで育ったそうです。大学時代は赤坂にあった議員宿舎に行き、兄嫁に食事をごちそうしてもらっていました」(地元関係者)

●DAIGO “登の孫”のDAIGOは強力な選挙の助っ人。出雲市や浜田市など選挙区内で開催されたショーに割り込んで、「最近はDAIGOのおじさんだといわれるんです(本当は大叔父)」「ついでに私のことも覚えていただきたい」とアピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る