石破茂地方創生相 口約束で座敷牢に幽閉された政局オンチ

公開日:  更新日:

■石破茂地方創生相(57=鳥取1区、当選9回)

 改造直前に菅官房長官から「次の総理はあなたしかいない」と将来の政権禅譲を持ちかけられ、“乱”を鎮めたといわれる。こんな口約束を信じ、新設の地方創生相に就任。まんまと閣内に封じ込められた。

 安倍首相は「日本の未来を設計する重要なポスト」と大仰に言ったが、地方創生相は内閣府の特命担当相に過ぎない。省庁を背負う大臣と違って、予算作成・行使の権限はウヤムヤ。専任の副大臣すら与えられていない。地方創生本部の事務局には各省庁からの出向組が配置されたが、その数はたった70人。寄せ集め官僚は出身省庁の省益をまず考えるから、意見もまとまりっこない。

 うるさ型の管理職を名前だけは立派な新設部署に追いやるようなもので、体のいい「飼い殺し」。実質、権限も人もカネもないポストに左遷されたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る