アダ名は「エトマン」 早くもカラータイマーが点滅した江渡聡徳防衛相

公開日:  更新日:

■江渡聡徳防衛相(58=青森2区、当選5回)

「容姿がウルトラマンに似ていることから、地元では『エトマン』と呼ばれているそうです」(地元関係者)

 青森・十和田市出身。日大法学部、同大学院を修了後、社会福祉法人の職員の傍ら、短大講師を務め、96年に青森2区から出馬して初当選。以後、防衛副大臣を3度務めるなど、党内では安全保障分野の政策通とも。

 3女1男の父親で、特技はカラオケ。

「噂? 人当たりはいいんですが、可もなく不可もない印象で、地味すぎて噂にもなりません」(前出の地元関係者)

 新設の安保法制担当相を兼務。かねて岩屋毅・党安全保障調査会長や中谷元・元防衛庁長官を推す声が強かった。石破茂前幹事長も、以前から中谷氏を安保担当相に推薦。岩屋氏に関しても「有力候補」と語っていた。当選回数8回の中谷氏、6回の岩屋氏に対し、江渡防衛相は5回。党防衛族の中でもまだ若手といわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る