山谷えり子拉致担当相 極右に加え「渡り鳥」「無節操」の過去

公開日: 更新日:

■山谷えり子拉致担当相(64=参院比例2回、衆院1回)

 拉致問題は二十数年にわたり取り組んできたテーマ。入閣前には、自民党の拉致問題対策本部長を務めた。06年には、横田めぐみさんの母・早紀江さんとホワイトハウスを訪問、ブッシュ大統領(当時)に、協力を頼んだ。

「入閣直前の8月中旬、安倍首相の母・洋子さんのモンゴル訪問にも同行しています。モンゴルは“日朝交渉の仲介の場”ですが、かいがいしく洋子さんのお世話をしたようで安倍家との“親密さ”が話題になりました」(事情通)

●経歴 出身は福井県。元産経新聞記者でラジオパーソナリティーの山谷親平氏の長女。聖心女子大卒業後、日本テレビ系『ウィークエンダー』のリポーター、サンケイリビング新聞編集長などを経て、政界入り。

 夫で共同通信海外担当部長だった小川聖氏は03年に交通事故で死去。小川氏との間に1男2女をもうけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る