日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歳暮で60万円分! 小渕経産相“疑惑の下仁田ネギ”配布先

 小渕経産相の政治資金をめぐるデタラメ実態にはもうひとつ、笑うに笑えない疑惑がある。

 小渕経産相の資金管理団体「未来産業研究会」の収支報告書によると、選挙区内(群馬5区)の下仁田町の農家に10年12月27日には59万4380円、11年12月27日には58万5635円を支払っている。いずれも「組織活動費」の「交際費」に計上しているが、何を買っているのかといえば名産品の下仁田ネギだ。

 なぜ、ネギが「交際費」にあたるのか。政治資金で支出する必要があるのか。はなはだ疑問だが、この農家の主人は「お父さん(恵三元首相)の代からのお付き合いで、毎年暮れの時季に、小渕事務所から注文が入る」と「週刊新潮」の取材に答えている。

■渦中の農家を直撃

 この農家は地元JAホームページに「下仁田ネギの達人」として紹介されており、贈答用は1本100円の値が付く立派なシロモノである。小渕サイドは本数にして毎年ざっと4000本を購入している計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事