歳暮で60万円分! 小渕経産相“疑惑の下仁田ネギ”配布先

公開日:  更新日:

 小渕経産相の政治資金をめぐるデタラメ実態にはもうひとつ、笑うに笑えない疑惑がある。

 小渕経産相の資金管理団体「未来産業研究会」の収支報告書によると、選挙区内(群馬5区)の下仁田町の農家に10年12月27日には59万4380円、11年12月27日には58万5635円を支払っている。いずれも「組織活動費」の「交際費」に計上しているが、何を買っているのかといえば名産品の下仁田ネギだ。

 なぜ、ネギが「交際費」にあたるのか。政治資金で支出する必要があるのか。はなはだ疑問だが、この農家の主人は「お父さん(恵三元首相)の代からのお付き合いで、毎年暮れの時季に、小渕事務所から注文が入る」と「週刊新潮」の取材に答えている。

■渦中の農家を直撃

 この農家は地元JAホームページに「下仁田ネギの達人」として紹介されており、贈答用は1本100円の値が付く立派なシロモノである。小渕サイドは本数にして毎年ざっと4000本を購入している計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る