日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

深夜会見でスクープ潰し マスコミを敵に回した望月環境相

 一体、何が狙いだったのか。

 28日未明に望月義夫環境相が開いた緊急会見だ。「政治とカネの問題について望月大臣が釈明する」という情報が流れ、「すわ3人目の閣僚辞任か」と大勢のマスコミが環境省に駆け付けた。ところが、事前に用意したペーパーを読み上げるだけの一方的な会見だった。

 地元事務所が08年と09年に地元・静岡で開催した「賀詞交歓会」をめぐり、後援会の政治資金収支報告書には支出した約660万円しか記載されておらず、参加費収入の記載がない“疑惑”を朝日新聞がつかみ、28日の紙面でスクープしようとしていた。どうやら、スクープされる前に自ら明らかにしようとしたようだ。しかし、反省ゼロ。政治資金規正法や公選法に違反していないと主張し、「環境省は問題が山積しているので頑張りたい」と意気込みを見せた。

 トンデモないKYな会見だが、始まったのもKYな午前0時。望月大臣は「このような時間に申し訳ない」とわびたが、さすがに記者にとっても“非常識”な時間だったらしく、会見場のアチコチから「辞任会見かと思ったのに」と怒声が上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事