「組織ぐるみ明らか」の声も…小渕氏“金庫番”に狭まる包囲網

公開日:  更新日:

 全てを知る「金庫番」は何を語るのか。小渕優子前経産相(40)の元秘書で、雲隠れしていた群馬・中之条町の折田謙一郎町長(66)が24日午後、町臨時議会に姿を現す。疑惑まみれの小渕の政治資金収支報告書について、「作成したのは私」と明かし、町議会に辞表を提出して以来、4日ぶりの登庁だ。

 午後2時開会の臨時議会では、本年度補正予算案などを審議。その後、折田町長が辞任の理由を説明する予定だが、紛糾は必至だ。

「町政を突然、放り出し、無責任この上ない。町長は町民のために働く公人であって、小渕家の使用人ではありません。あっさりと辞職を認めれば、折田町長には約700万円の退職金が支払われる予定です。町民にとっては“盗っ人に追い銭”のような話で許せません。議会では身勝手な政治姿勢や、記載されていないカネがどこに消えたのかを問いただすつもりですよ」(町議)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る