東電株で損…宮沢経産相が疑われる「上昇させたい」株主心理

公開日: 更新日:

「東京電力の株主」として批判を浴びている宮沢洋一経産大臣。本人は、「担当大臣として、東電の応援といった意味があり、売らずに信託して持ち続ける」と説明したが、これで国民が納得するわけがない。東電は実質国有化され、経産相が監督するべき企業だ。株を保有していること自体、非常識である。

 宮沢経産相は2000年、衆院議員に初当選した時点で、東電株614株を保有。10年に持ち株数を減らすが、昨年買い増し、現在は600株。その価値は20万円程度だが、だからといって不問にすることはできない。

原発事故前の11年2月、2000円台だった株価が、事故後には3ケタ台になり、その影響は現在まで続いています。とはいえ、もともと上場来最高値は9420円(1987年)で、少なくとも宮沢さんが初当選した00年以降、2000~3000円台で安定していました」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る