<東京14区>野党一本化で“解散A級戦犯”松島みどり大苦戦

公開日:  更新日:

 週末、墨田区内を歩くと先月まで見かけた松島みどり前法相(58)のポスターがすっかり剥がされていた。「うちわ問題」で辞任して4週間。松島はできるだけ目立たないよう、ひっそりと活動している。

「辞任後は大きな集まりは避け、身内の小さな会合だけに顔を出していました。さすがに解散風が吹いてきてからは、全体会合にも出るようになりましたね」(地元の自民党区議)

 永田町周辺でもおとなしい。トレードマークの赤いジャケットは身に着けず、パーティーでは壁ぎわに立っている。議員会館と党本部の往復は徒歩だという。

「車だと玄関で<松島先生>と放送で呼び出されるので、マスコミに存在がバレてしまう。それが嫌なんだそうです」(永田町関係者)

■ライバルは野党統一候補へ


 そんな松島前法相を尻目に、2012年選挙で敗れた前職の木村剛司氏(43)は着々と活動している。選挙区中に「再起動!」と書いた赤いポスターを張り、朝は駅頭、昼間は支援者の訪問と、地元にびっちりローラーをかけている。未来の党(現・生活)から出馬した前回は、維新も民主も候補を擁立し、共倒れしたが、今回は他の野党は擁立を見送る見通し。木村氏は生活を離れ、民主党の支援を受ける「野党統一候補」として戦うことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る