• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

犠牲者4カ国約120人 7・3と7・10もテロ危機と専門家警鐘

 チュニジア、クウェート、フランス、ソマリアの4カ国で26日に相次いだテロ。死亡者は約120人に上り、過激派組織イスラム国との関連が指摘されている。

 イスラム国の一方的な“国家樹立宣言”から29日で1年。それを前に、イスラム国は23日、ネット上で、「聖なる月のラマダン(断食月)を背教者(異教徒)の災難の時とせよ」という音声メッセージを公開した。一連のテロはこの声明に触発された可能性が高く、チュニジアとクウェートの事件では犯行声明を発表。とりわけ、水着姿の欧米人がくつろぐチュニジアのビーチを狙った乱射テロについては、「不埒な巣窟」を襲って「不信な輩」を殺害したと、いかにも鼻高々だった。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

「本来、ラマダン中は言い争いすら禁じられている。この時期の善行をアラーが普段以上に評価するからなんです。中でも、集団礼拝をする金曜日は神聖な日。にもかかわらず蛮行がなされたのは、イスラム国が言葉巧みに過激派の信仰心に付け込み、〈背教者を戒めれば善行を積める〉というレトリックを使っているからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る