チュニジアテロ遭遇「地中海クルーズ」邦人が177人もいた理由

公開日: 更新日:

 チュニジアでテロ事件に巻き込まれた観光客は、いずれも豪華客船による地中海クルーズの途中だったが、驚いたのはこのクルーズ船に乗っていた日本人が、177人もいたことだ。

 海外クルーズといえば、リタイアしたシニア層中心の高額商品というイメージ。参加者170人超とは日本もまだまだ金満国家なのかと思いきや、最近はちょっと事情が違うようだ。

「海外クルーズは最近、30代、40代にも人気が広がっています。日本では高額商品のイメージが先行していますが、クルーズは実はそんなに高くない。食事代・宿泊代込みで、いろいろなショーまで楽しめ、お手頃感があります」(旅行ライター・渡辺輝乃氏)

 今回のクルーズはジェノバ(イタリア)とバルセロナ(スペイン)を起点に、合計6カ所に寄港する10日間と11日間のツアーだった。企画した旅行会社一社のホームページを見ると、旅行代金は29万8000~55万9000円(11日間・関空発着)とある。30万円以下で食事も宿泊もすべて込み。日本語スタッフも乗船し、一部観光も付いている。確かに一般の欧州ツアーと比較しても高くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る