チュニジアテロ遭遇「地中海クルーズ」邦人が177人もいた理由

公開日:  更新日:

 チュニジアでテロ事件に巻き込まれた観光客は、いずれも豪華客船による地中海クルーズの途中だったが、驚いたのはこのクルーズ船に乗っていた日本人が、177人もいたことだ。

 海外クルーズといえば、リタイアしたシニア層中心の高額商品というイメージ。参加者170人超とは日本もまだまだ金満国家なのかと思いきや、最近はちょっと事情が違うようだ。

「海外クルーズは最近、30代、40代にも人気が広がっています。日本では高額商品のイメージが先行していますが、クルーズは実はそんなに高くない。食事代・宿泊代込みで、いろいろなショーまで楽しめ、お手頃感があります」(旅行ライター・渡辺輝乃氏)

 今回のクルーズはジェノバ(イタリア)とバルセロナ(スペイン)を起点に、合計6カ所に寄港する10日間と11日間のツアーだった。企画した旅行会社一社のホームページを見ると、旅行代金は29万8000~55万9000円(11日間・関空発着)とある。30万円以下で食事も宿泊もすべて込み。日本語スタッフも乗船し、一部観光も付いている。確かに一般の欧州ツアーと比較しても高くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る