チュニジアテロ遭遇「地中海クルーズ」邦人が177人もいた理由

公開日: 更新日:

 チュニジアでテロ事件に巻き込まれた観光客は、いずれも豪華客船による地中海クルーズの途中だったが、驚いたのはこのクルーズ船に乗っていた日本人が、177人もいたことだ。

 海外クルーズといえば、リタイアしたシニア層中心の高額商品というイメージ。参加者170人超とは日本もまだまだ金満国家なのかと思いきや、最近はちょっと事情が違うようだ。

「海外クルーズは最近、30代、40代にも人気が広がっています。日本では高額商品のイメージが先行していますが、クルーズは実はそんなに高くない。食事代・宿泊代込みで、いろいろなショーまで楽しめ、お手頃感があります」(旅行ライター・渡辺輝乃氏)

 今回のクルーズはジェノバ(イタリア)とバルセロナ(スペイン)を起点に、合計6カ所に寄港する10日間と11日間のツアーだった。企画した旅行会社一社のホームページを見ると、旅行代金は29万8000~55万9000円(11日間・関空発着)とある。30万円以下で食事も宿泊もすべて込み。日本語スタッフも乗船し、一部観光も付いている。確かに一般の欧州ツアーと比較しても高くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る