日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

衆院特別委で“戦争法案”強行採決 野党はプラカード掲げ怒号

 衆院平和安全法制特別委員会は15日午後、安全保障関連法案を与党の賛成多数で可決した。与党は単独で採決を強行。野党は質疑打ち切りに反発し採決に加わらなかった。与党は16日の衆院本会議で可決、参院に送付する方針だ。

 特別委は15日午前、採決に先立ち、安倍首相が出席。3時間の総括質疑を行った後、質疑は打ち切られ、維新が提出した対案を否決。その後、野党が抗議して怒号が飛び交うなど委員会室が騒然となる中、政府案を与党だけで可決した。

 野党は「採決反対」のプラカードを掲げ、委員長を囲んだが採決は強行された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事