• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安保法案「国民の理解進んでいない」首相認めつつ強行のア然

 まさに仰天発言だ。15日午前の衆院平和安全法制特別委員会で、質問に立った民主党の大串博志議員に対し、安倍首相は「残念ながら、まだ国民の理解は進んでいる状況ではない」と答弁した。

 この日の特別委には安倍首相が出席。午前9時から3時間の予定で総括質疑を始めた。民主党の長妻昭議員が「本当に国民への説明を尽くしたのか。国民の理解が得られていない中、強行採決は認められない」と批判していたが、安倍自身も「国民が理解していない」と認めたわけで、それでいて法案をゴリ押しするなんて言語道断だ。

 一方、国会前では安保法案に反対する市民ら数百人が「強行採決絶対反対」「戦争法案今すぐ廃案」と怒りの声を上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る