日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安保法案「国民の理解進んでいない」首相認めつつ強行のア然

 まさに仰天発言だ。15日午前の衆院平和安全法制特別委員会で、質問に立った民主党の大串博志議員に対し、安倍首相は「残念ながら、まだ国民の理解は進んでいる状況ではない」と答弁した。

 この日の特別委には安倍首相が出席。午前9時から3時間の予定で総括質疑を始めた。民主党の長妻昭議員が「本当に国民への説明を尽くしたのか。国民の理解が得られていない中、強行採決は認められない」と批判していたが、安倍自身も「国民が理解していない」と認めたわけで、それでいて法案をゴリ押しするなんて言語道断だ。

 一方、国会前では安保法案に反対する市民ら数百人が「強行採決絶対反対」「戦争法案今すぐ廃案」と怒りの声を上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事