今度は金銭トラブル…武藤貴也議員「スピード離党」の裏事情

公開日:  更新日:

 驚きのスピード離党だった。反安保法案のデモ活動をしている「SEALDs」を「利己的」だとツイートし、大炎上した自民党の武藤貴也衆院議員(36)に、今度は金銭トラブルが発覚、19日、自ら離党届を提出した。「これ以上、党に迷惑を掛けるわけにはいかない」と殊勝な態度だったというが、実態は自民党によるクビ切りである。素早い“切り捨て”は、安倍官邸の焦りの裏返しだ。

 未公開株に絡む金銭トラブルを報じたのは発売中の週刊文春。トラブルになっていることを本人が認めているため、逃れようがないが、発売日当日の離党は、あまりに対応が早い。「マスコミ懲らしめ」発言の“3バカ”を厳重注意の軽めの処分でお茶を濁し、「法的安定性は必要ない」の礒崎補佐官を職にとどめた強気の姿勢とは大違いだ。

 自民党関係者がこう言う。

「内閣の不支持率が支持率を上回っている厳しい状況で、安倍首相は追い詰められている。少しでもマイナス要因は早めに切りたいのでしょう。“3バカ”の時は、まだ支持率が高かった。礒崎さんは安保法制の中心人物だけに、更迭させたら、安保法案自体の妥当性に揺らぎが出る。大急ぎで武藤議員を切ったのは、政権が弱体化している証拠です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る