今度は金銭トラブル…武藤貴也議員「スピード離党」の裏事情

公開日: 更新日:

 驚きのスピード離党だった。反安保法案のデモ活動をしている「SEALDs」を「利己的」だとツイートし、大炎上した自民党の武藤貴也衆院議員(36)に、今度は金銭トラブルが発覚、19日、自ら離党届を提出した。「これ以上、党に迷惑を掛けるわけにはいかない」と殊勝な態度だったというが、実態は自民党によるクビ切りである。素早い“切り捨て”は、安倍官邸の焦りの裏返しだ。

 未公開株に絡む金銭トラブルを報じたのは発売中の週刊文春。トラブルになっていることを本人が認めているため、逃れようがないが、発売日当日の離党は、あまりに対応が早い。「マスコミ懲らしめ」発言の“3バカ”を厳重注意の軽めの処分でお茶を濁し、「法的安定性は必要ない」の礒崎補佐官を職にとどめた強気の姿勢とは大違いだ。

 自民党関係者がこう言う。

「内閣の不支持率が支持率を上回っている厳しい状況で、安倍首相は追い詰められている。少しでもマイナス要因は早めに切りたいのでしょう。“3バカ”の時は、まだ支持率が高かった。礒崎さんは安保法制の中心人物だけに、更迭させたら、安保法案自体の妥当性に揺らぎが出る。大急ぎで武藤議員を切ったのは、政権が弱体化している証拠です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る