• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪府議、市議もブーイング 維新内紛で松井知事批判大噴出

「維新の会」最高顧問を務める橋下徹大阪市長と同党顧問の松井一郎大阪府知事が27日午前、離党する意向を表明した。

「東西分裂」が決まったわけだが、大阪組が一枚岩化というと、全然違う。国民そっちのけの内紛劇には大阪府議、市議たちも愛想を尽かしていて、その批判はむしろ、松井府知事に向けられている。

 ある府議は「4月に松井の地元・八尾で市長選があったけど、すぐ相手に当確が出た。あれで松井は地元でも人気がないんやと痛感したわ。烏合の衆である維新がまとまってきたのは橋下人気があればこそ。橋下が引退する今、一致団結せなあかんのに、内紛で何をやってるんや。松井は中国共産党みたいな中央集権体制をつくりたいんか」と切り捨てていたほどだ。

 現在大阪では、11月末の大阪府知事、大阪市長のダブル選の前哨戦でる枚方市長選が行われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る