大阪府議、市議もブーイング 維新内紛で松井知事批判大噴出

公開日:  更新日:

「維新の会」最高顧問を務める橋下徹大阪市長と同党顧問の松井一郎大阪府知事が27日午前、離党する意向を表明した。

「東西分裂」が決まったわけだが、大阪組が一枚岩化というと、全然違う。国民そっちのけの内紛劇には大阪府議、市議たちも愛想を尽かしていて、その批判はむしろ、松井府知事に向けられている。

 ある府議は「4月に松井の地元・八尾で市長選があったけど、すぐ相手に当確が出た。あれで松井は地元でも人気がないんやと痛感したわ。烏合の衆である維新がまとまってきたのは橋下人気があればこそ。橋下が引退する今、一致団結せなあかんのに、内紛で何をやってるんや。松井は中国共産党みたいな中央集権体制をつくりたいんか」と切り捨てていたほどだ。

 現在大阪では、11月末の大阪府知事、大阪市長のダブル選の前哨戦でる枚方市長選が行われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る