すっかり与党気分…維新“大阪系”が吹聴「自公維連立」の滑稽

公開日: 更新日:

 橋下徹大阪市長が「関西維新の会」設立を指示したと大騒ぎだ。橋下シンパの地元、大阪維新の会と近畿圏の地方議員を集め、「関西の単位でいつでも国政政党にできるようにする」のだという。喜々として安倍首相と会食する橋下市長のこと、“野党再編路線”の松野頼久代表と決別し、安倍政権を支える“新党”を結成するつもりなのか。

 親分が与党入りに前のめりだから、子分たちもイケイケだ。

「橋下さんや松井一郎府知事に近い馬場伸幸国対委員長や遠藤敬国対委員長代理ら大阪系の国会議員が、いろんな場面で『将来は自公維の連立だ』と吹聴して回っているのです。馬場さんたちは先月、菅官房長官と会談した。そこでそういう話が出たんじゃないかとみられています。維新内はいま、大阪系VS非大阪系の対立が激化している。『自公維連立』を誘い水に中間派を大阪系に取り込む狙いもあるようです」(野党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る