維新「安保」独自案提出めぐり…大阪vs非大阪の“内ゲバ激化”

公開日: 更新日:

「大阪組」VS「非大阪組」――。維新の党内で、両者の主導権争いが激化している。焦点は、安保法案で維新の独自案を今国会に提出するか否かだ。

 最高顧問の橋下徹大阪市長や馬場伸幸国対委員長ら「大阪組」は、自民党が望む独自案提出に賛成している。1日行われた党の安保調査会では、橋下の指摘を踏まえて独自案を修正。2日にも、憲法学者にヒアリングを行う予定で、その動きは素早い。

 国政への関与を否定していた橋下が、安保法案に関する発信を始めたのは6月中旬。安倍首相や菅官房長官と面談した直後からだ。「憲法学者の違憲表明で国会運営に苦慮し始めた官邸が、大阪都構想で側面支援をした橋下氏に助けを求めた」(政治ジャーナリスト)という見方がもっぱらだ。

 この動きに、民主党や結いの党出身者ら「非大阪組」は、「維新は自民党の補完勢力」「第2自民党」と見なされることを危惧。独自案の早期提出に慎重な姿勢を崩していない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る