田岡俊次
著者のコラム一覧
田岡俊次軍事評論家、ジャーナリスト

1941年生まれ。早大卒業後、朝日新聞社。米ジョージタウン大戦略国際問題研究所(CSIS)主任研究員兼同大学外交学部講師、朝日新聞編集委員(防衛担当)、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)客員研究員、「AERA」副編集長兼シニアスタッフライターなどを歴任。著書に「戦略の条件」など。

<第1回>中国の軍事費急増は脅威ではない

公開日: 更新日:

 国民の猛反対にもかかわらず、安倍政権がゴリ押ししようとしている安保法制は法理論上、欠陥だらけのむちゃくちゃなものだが、問題はそれだけではない。政府がこの法案の根拠にしている安全保障上の必要性についても大きな疑問が投げかけられている。軍事ジャーナリストの田岡俊次さんに聞いてみた。

■経済発展の方がはるかに重要

――安保法制がなぜ、必要か。よく言われるのが中国の人民解放軍はこんなに膨張しているぞ、という論調です。この間の抗日戦争70周年軍事パレードでも、そんな思いを抱いた人が多いんじゃないですか?

 あれは中国の思惑が外れましたね。主要国で首脳が出席したのはロシアと韓国だけで、米欧は外相や大使を出した。戦争において重要なのは、兵器の数や質よりは勝ちそうな側につくという政治的な判断です。中国が戦勝国になったのも米国を味方にしたからで、中国戦線においては日本軍は最後まで優勢でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る