<第2回>通知カードの受け取りを拒否したらどうなるのか

公開日: 更新日:

 20日前後から個人に通知が始まる12ケタの「マイナンバー」。マイナンバーの記載された紙製の「通知カード」が、10月5日時点で住民票のある世帯主に、世帯の人数分まとめて簡易書留で送られてくる。全世帯へ一斉に簡易書留を送るのは、過去にない国家プロジェクトだ。

 簡易書留の郵送の際、自宅に不在の場合は不在連絡票が入るため、再配達を申し込むなどして確実に受け取る必要がある。郵便局での保管は7日間で、それを過ぎれば市区町村に返送される。だが、住民票の住所に住んでいる人ばかりとは限らず、市区町村によっては1割以上の返送を見込んでいる。個人への確実なマイナンバー通知は、今もって課題が多い。

 通知カードを受け取らなかったり、受け取りを拒否しても罰則はない。しかし、来年1月以降は税や社会保障などの手続きでマイナンバーの提示を求められるため、自分のマイナンバーを知らなければ、提示できない理由を繰り返し聞かれることになる。また、税や社会保障の書類にマイナンバーを記載しなければ、当局から目を付けられ、税務調査などの対象となる可能性も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

  10. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る