<第3回>やっぱり夜の街からバイトのホステスは消える

公開日: 更新日:

 来年1月から税や社会保障の手続きで利用が始まるマイナンバー。

 ほとんどのサラリーマンにとって、マイナンバーの提示を最初に求められるのは、勤務先の会社からになるだろう。勤務先が所得税などの源泉徴収をしており、税務署に提出する書類にマイナンバーの記載が必要になるからだ。遅くとも来年末の年末調整からマイナンバーが必要になるため、それまでの間に勤務先からマイナンバーの提示を要求される。

 勤務先へのマイナンバーの提示は、本人だけでなく扶養家族の分も含まれる。扶養家族に変動があった場合も、年金など社会保険の届け出の際に家族のマイナンバーが必要になる。また、来年以降の新入社員は、入社時にマイナンバー提示が求められることになりそうだ。源泉徴収は正社員だけでなくアルバイトにも生じるため、学生などアルバイトも勤務先にマイナンバーを提示することになる。住民票を実家に残したまま一人暮らしをしている学生は、実家に届くマイナンバーの通知カードに注意したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  9. 9

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  10. 10

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

もっと見る