<第3回>やっぱり夜の街からバイトのホステスは消える

公開日:  更新日:

 来年1月から税や社会保障の手続きで利用が始まるマイナンバー。

 ほとんどのサラリーマンにとって、マイナンバーの提示を最初に求められるのは、勤務先の会社からになるだろう。勤務先が所得税などの源泉徴収をしており、税務署に提出する書類にマイナンバーの記載が必要になるからだ。遅くとも来年末の年末調整からマイナンバーが必要になるため、それまでの間に勤務先からマイナンバーの提示を要求される。

 勤務先へのマイナンバーの提示は、本人だけでなく扶養家族の分も含まれる。扶養家族に変動があった場合も、年金など社会保険の届け出の際に家族のマイナンバーが必要になる。また、来年以降の新入社員は、入社時にマイナンバー提示が求められることになりそうだ。源泉徴収は正社員だけでなくアルバイトにも生じるため、学生などアルバイトも勤務先にマイナンバーを提示することになる。住民票を実家に残したまま一人暮らしをしている学生は、実家に届くマイナンバーの通知カードに注意したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る