<第5回>米国や韓国のようになりすまし被害が続出する

公開日:  更新日:

 来年1月からマイナンバーの利用がスタートし、税、社会保障、災害対策の3分野で、行政機関が持つ膨大な個人情報とマイナンバーがひも付くことになる。

 政府は、国税情報は国税庁、地方税情報は地方自治体、年金情報は日本年金機構などと、マイナンバーとひも付く個人情報はこれまで通り、それぞれの行政機関が保有し、一元管理はしないため、「個人情報が“芋づる式”に漏れ出すことはない」と説明している。しかし、個人情報そのものが各行政機関から流出する恐れは常にありそうだ。

 政府の管理方法は「分散管理」という考え方だ。各行政機関がそれぞれマイナンバーとひも付いた個人情報を持ち、行政機関同士は高いセキュリティーで保護された「情報提供ネットワークシステム」を介して情報をやりとりする。自分の個人情報がやりとりされた記録は、2017年からインターネット上の「マイナポータル」と呼ばれるシステムで確認できるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る