認識が甘すぎる 「マイナンバー」クレカ機能付きのナンセンス

公開日:  更新日:

 来年1月の本格運用に向けて走り出したマイナンバー(MN)制度。そのMNカードの利活用を検討する総務省の有識者懇談会が先月29日に開かれ、クレジットカード機能を持たせたり、スマホでも利用できるようにすることなどを検討――と報じられたが、ちょっと待て。

「例えば、運転免許証にクレジットカード機能を持たせますか? 知らないうちに盗まれでもしたら最後、悪用してくれと言わんばかりでしょう」と、ITジャーナリストの井上トシユキ氏が続ける。

「MNの個人情報は、住所、氏名、生年月日などに加え、所得や年金、雇用保険の給付状況など、“運転免許証”とは比べものにならないほど重要。ただでさえ情報漏洩や“なりすまし”などの不正利用が危ぶまれているのに、わざわざリスクを増やしてどうするのか。クレジットカード機能付きなんて危ない橋を渡る利用者もいないでしょうが、そんなトンチンカンな発想をする人たちがMN制度に関わっているというだけで、猛烈に不安になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る