「傾斜マンション問題」 関係4社長の住まいは“傾く”要素なし

公開日:  更新日:

「今回の出来事は本当に反省しています」――横浜市の傾斜マンション問題で、涙ながらに謝罪した旭化成の浅野敏雄社長(62)自身は、どんなところに住んでいるのか、ぜひ参考にしたい。傾斜マンションの住民も気になるだろうが、さすが!セレブ御用達の高級賃貸マンションだった。

 東京都中央区佃にあるリバーシティ21。8棟の高層マンションを中心とする大規模住宅群のことで、三井不動産が80年代後半、東京都と住宅・都市整備公団(現都市再生機構)とタッグを組み、威信をかけて開発した。ウオーターフロント開発の先駆けといわれる。

「リバーシティ21には現在も元メジャーリーガーが住んでいますし、今は人材派遣会社会長の元大臣や大物音楽プロデューサーK、大物女優Nも、かつて住民だった。浅野社長の自宅はそのうちのファミリー向けの一棟にあり、家賃は平均で30万円超え、100平方メートルの3LDKで50万円近くします。鴻池組ら4社による施工はもちろん、管理も三井不動産グループでばっちり。共用、専有部分ともリノベーションが積極的に行われ、築二十数年経った今でも、外観も内装もピカピカです」(不動産業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る