「傾斜マンション問題」 関係4社長の住まいは“傾く”要素なし

公開日: 更新日:

「今回の出来事は本当に反省しています」――横浜市の傾斜マンション問題で、涙ながらに謝罪した旭化成の浅野敏雄社長(62)自身は、どんなところに住んでいるのか、ぜひ参考にしたい。傾斜マンションの住民も気になるだろうが、さすが!セレブ御用達の高級賃貸マンションだった。

 東京都中央区佃にあるリバーシティ21。8棟の高層マンションを中心とする大規模住宅群のことで、三井不動産が80年代後半、東京都と住宅・都市整備公団(現都市再生機構)とタッグを組み、威信をかけて開発した。ウオーターフロント開発の先駆けといわれる。

「リバーシティ21には現在も元メジャーリーガーが住んでいますし、今は人材派遣会社会長の元大臣や大物音楽プロデューサーK、大物女優Nも、かつて住民だった。浅野社長の自宅はそのうちのファミリー向けの一棟にあり、家賃は平均で30万円超え、100平方メートルの3LDKで50万円近くします。鴻池組ら4社による施工はもちろん、管理も三井不動産グループでばっちり。共用、専有部分ともリノベーションが積極的に行われ、築二十数年経った今でも、外観も内装もピカピカです」(不動産業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  3. 3

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  4. 4

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る