横浜でマンション傾く 「欠陥物件」全国で乱造される可能性も

公開日:  更新日:

 これは、とんでもない事件に発展するのではないか。14日発覚した横浜市のマンション「パークシティLaLa横浜」の“手抜き工事”だ。ディベロッパーは天下の三井不動産レジデンシャル。4棟(計700世帯)のうち1棟が傾き、住民が隣の棟との高さの“ずれ”を訴え、施工主の三井住友建設が調査したところ、下請け業者が虚偽データを使って基礎工事したことを認めたのだ。

 4棟で計38本のくいが強固な地盤に届いていないことが分かり、横浜市と国交省は建築基準法違反の疑いがあるとして調査を始めたが、住民の不安は頂点だろう。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。

「重さが何トンあるのか知りませんが、最高12階建て、全長56メートルもあるマンションを持ち上げて、くいを打ち直す工事なんて聞いたことがありません。補修工事したところで、傾きを完全に是正するのは難しいし、資産価値の目減りは避けられない。住民の納得は得られないと思います。結局、建て替えしかないでしょう。その間、住民には仮住居への転居、引っ越し、子供の学校問題など負担が重くのしかかります。たとえディベロッパーが補償してくれたとしても、損害は計り知れません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る