北海道でも発覚の衝撃 旭化成「杭打ちデータ流用」は底なし沼

公開日: 更新日:

 やっぱりだ。傾斜マンション問題は個人の犯罪ではなく、組織的な不正の可能性が高くなった。

 北海道の道営住宅でも旭化成建材が杭打ちデータを流用していたことが発覚したが、現場責任者は横浜のケースとは別の人物だったのだ。

 道によると、流用があったのは2010~11年に行われた道営団地の改修工事。独自の調査で職員が27日夕、杭打設時の電流計の記録に明らかな類似点を発見したため、旭化成建材などに説明を求めたところ、28日夜、杭31本のうち1本について隣接する工区のデータを流用したと同社から回答があった。

 旭化成建材は「客観的に見てデータの転用があったと認めざるを得ないが、適正に施工したので安全性に問題ない」とコメントしている。

 団地は5階建てで38世帯が入居。道職員が28日に目視で確認したが、傾斜やひび割れなどの不具合は見当たらなかったという。しかし、親会社の旭化成が22日公表した横浜の現場責任者が関与した全国41件の工事に北海道は含まれていなかった。ということは、旭化成建材が2004年1月以降に請け負った合計3040件の杭打ち工事の全てを調べないと、安心していられなくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る