北海道でも発覚の衝撃 旭化成「杭打ちデータ流用」は底なし沼

公開日: 更新日:

 やっぱりだ。傾斜マンション問題は個人の犯罪ではなく、組織的な不正の可能性が高くなった。

 北海道の道営住宅でも旭化成建材が杭打ちデータを流用していたことが発覚したが、現場責任者は横浜のケースとは別の人物だったのだ。

 道によると、流用があったのは2010~11年に行われた道営団地の改修工事。独自の調査で職員が27日夕、杭打設時の電流計の記録に明らかな類似点を発見したため、旭化成建材などに説明を求めたところ、28日夜、杭31本のうち1本について隣接する工区のデータを流用したと同社から回答があった。

 旭化成建材は「客観的に見てデータの転用があったと認めざるを得ないが、適正に施工したので安全性に問題ない」とコメントしている。

 団地は5階建てで38世帯が入居。道職員が28日に目視で確認したが、傾斜やひび割れなどの不具合は見当たらなかったという。しかし、親会社の旭化成が22日公表した横浜の現場責任者が関与した全国41件の工事に北海道は含まれていなかった。ということは、旭化成建材が2004年1月以降に請け負った合計3040件の杭打ち工事の全てを調べないと、安心していられなくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る