傾斜マンション問題 時間稼ぎが否めない業者の「不可解調査」

公開日:  更新日:

 最初に結論から言うと、この調査はナンセンスの極み。ウヤムヤ決着を図るための“時間稼ぎ”としか思えない。

 横浜市のマンション傾斜問題で、旭化成建材が2004年1月以降に請け負った計3040件の杭打ち工事の実態を調査中だ。国交省も「来月13日までに結果を報告しろ」とハッパをかけているが、調べているのは、あくまで杭打ちの施工データ改ざんの有無のみ。

 ややこしいのは、改ざんが新たに見つかったからといって即、その施設の杭に問題があるとは限らないことだ。22日の会見で、旭化成建材の堺正光常務はこう言った。

「施工データの改ざんが見つかった杭には、支持層に到達しているものもある。データ改ざんと支持層未達の等式は成り立っていない」

 実際、横浜市の現場では打ちこんだ杭473本のうち、70本分のデータ改ざんが判明。施工主の三井住友建設の地盤調査によると、そのうち支持層に達していない杭は現時点で8本にとどまる。データ改ざんが見つかっても、支持層にシッカリ到達している杭は複数見つかっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る