傾斜マンション問題 時間稼ぎが否めない業者の「不可解調査」

公開日: 更新日:

 最初に結論から言うと、この調査はナンセンスの極み。ウヤムヤ決着を図るための“時間稼ぎ”としか思えない。

 横浜市のマンション傾斜問題で、旭化成建材が2004年1月以降に請け負った計3040件の杭打ち工事の実態を調査中だ。国交省も「来月13日までに結果を報告しろ」とハッパをかけているが、調べているのは、あくまで杭打ちの施工データ改ざんの有無のみ。

 ややこしいのは、改ざんが新たに見つかったからといって即、その施設の杭に問題があるとは限らないことだ。22日の会見で、旭化成建材の堺正光常務はこう言った。

「施工データの改ざんが見つかった杭には、支持層に到達しているものもある。データ改ざんと支持層未達の等式は成り立っていない」

 実際、横浜市の現場では打ちこんだ杭473本のうち、70本分のデータ改ざんが判明。施工主の三井住友建設の地盤調査によると、そのうち支持層に達していない杭は現時点で8本にとどまる。データ改ざんが見つかっても、支持層にシッカリ到達している杭は複数見つかっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る