馳大臣の海外出張が遊説? 自民デタラメ政治資金の底なし

公開日:  更新日:

 政党や国会議員のカネ問題を追及している「政治資金オンブズマン」が、馳浩文科相宛てに政治資金の使途について公開質問状を送っていたが、自民党から届いた回答がヒド過ぎると話題になっている。

 オンブズマンは自民党の政党交付金から2013~14年に馳大臣に支出された「遊説及び旅費交通費」のうち、1回当たり100万円を超える支出が計9回、総額約1256万円の支出は高過ぎるとして、使途を求めていた。

 これに対し、自民党幹事長室名で出された回答の中身はこうだ。馳大臣は党内で「2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会実施本部長」の立場にあり、高額の支出分は海外出張した際の旅費交通費だったというのである。「遊説」に海外出張が含まれるとはビックリ仰天ではないか。馳大臣は地球規模で活動しているのか?

 全くバカバカしいがオンブズマンがさらに問題視しているのは、自民党本部が「政策活動費」として2011年から4年間で34人の議員に支出した総額44億円に上るカネの使い道。18億円を受け取ったはずの石破茂・地方創生担当相の政治団体の収支報告書には「一切記載がない」のだ。

「あまりに巨額な金額であり、市民(感覚)としては驚くばかり。これらのカネの使途は闇です。巨額のカネをなぜ支払ったのか。理由を教えてほしい」(オンブズマン)

 自民党は答えられるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る