• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ビールに柿ピー 遠藤大臣「少額領収書」でセコすぎる支出

 新国立競技場の建設費用1581億円のうち、東京都に395億円を負担するよう要請した遠藤利明五輪相(65)。税金なんだから、透明性をもって、無駄なく使ってほしいが、遠藤大臣の政治資金の使い方を見ていると心配になってくる。

 本紙は遠藤大臣の資金管理団体「新風会」の1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書」(2011~13年)の写しを入手した。これを精査したら怪しい支出が続々だった。特に目立つのは、1万円超の飲食代を“分割”したように見える領収書だ。

 例えば、東京・港区の中華料理店「頤和園」と印字された領収書は2枚あり、共に同じ筆跡で「会食代」とただし書きされ、日付も「2015年3月7日」と記されている。金額はそれぞれ「9000円」と「3000円」。「1万2000円」の領収書を“分割”したようにもみえる。同様の領収書は他にも相当、多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事