ビールに柿ピー 遠藤大臣「少額領収書」でセコすぎる支出

公開日: 更新日:

 新国立競技場の建設費用1581億円のうち、東京都に395億円を負担するよう要請した遠藤利明五輪相(65)。税金なんだから、透明性をもって、無駄なく使ってほしいが、遠藤大臣の政治資金の使い方を見ていると心配になってくる。

 本紙は遠藤大臣の資金管理団体「新風会」の1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書」(2011~13年)の写しを入手した。これを精査したら怪しい支出が続々だった。特に目立つのは、1万円超の飲食代を“分割”したように見える領収書だ。

 例えば、東京・港区の中華料理店「頤和園」と印字された領収書は2枚あり、共に同じ筆跡で「会食代」とただし書きされ、日付も「2015年3月7日」と記されている。金額はそれぞれ「9000円」と「3000円」。「1万2000円」の領収書を“分割”したようにもみえる。同様の領収書は他にも相当、多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る