• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大手も油断大敵 乗ってはいけないバスツアーの見抜き方

 軽井沢の大惨事を引き起こしたツアー会社とバス会社のデタラメ管理体制を見ると、この先、バス旅行すらちゅうちょしてしまう。安全なツアーを見抜けないものか。

 実は、これまでの重大事故を踏まえ、所管の国交省は全国のバス会社に立ち入り検査を行い、違反があれば公表してきた。検査内容は点呼の実施、労働時間の順守、事故の記録、点検整備、賠償保険の加入状況などである。国交省はホームページに「事業者の行政処分情報」を掲載しており、会社名を検索すると、違反の有無と重大さが点数化されて出てくる。

 これを見ればバス会社ごとの安全性は一目瞭然だが、今回の事故でも分かったようにツアー会社とバス会社は別だ。キースツアーのパンフレットにはイーエスピーの名前は一切なかった。

 この構図は大手ツアー会社でも変わらない。主なツアー会社のパンフを集め、バス旅行の際、会社を明示しているか、どうか。明示していても、バス会社が国交省の処分を受けているか否かを調べてみた(別表)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る