大手も油断大敵 乗ってはいけないバスツアーの見抜き方

公開日:  更新日:

 軽井沢の大惨事を引き起こしたツアー会社とバス会社のデタラメ管理体制を見ると、この先、バス旅行すらちゅうちょしてしまう。安全なツアーを見抜けないものか。

 実は、これまでの重大事故を踏まえ、所管の国交省は全国のバス会社に立ち入り検査を行い、違反があれば公表してきた。検査内容は点呼の実施、労働時間の順守、事故の記録、点検整備、賠償保険の加入状況などである。国交省はホームページに「事業者の行政処分情報」を掲載しており、会社名を検索すると、違反の有無と重大さが点数化されて出てくる。

 これを見ればバス会社ごとの安全性は一目瞭然だが、今回の事故でも分かったようにツアー会社とバス会社は別だ。キースツアーのパンフレットにはイーエスピーの名前は一切なかった。

 この構図は大手ツアー会社でも変わらない。主なツアー会社のパンフを集め、バス旅行の際、会社を明示しているか、どうか。明示していても、バス会社が国交省の処分を受けているか否かを調べてみた(別表)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る