大手も油断大敵 乗ってはいけないバスツアーの見抜き方

公開日:  更新日:

 軽井沢の大惨事を引き起こしたツアー会社とバス会社のデタラメ管理体制を見ると、この先、バス旅行すらちゅうちょしてしまう。安全なツアーを見抜けないものか。

 実は、これまでの重大事故を踏まえ、所管の国交省は全国のバス会社に立ち入り検査を行い、違反があれば公表してきた。検査内容は点呼の実施、労働時間の順守、事故の記録、点検整備、賠償保険の加入状況などである。国交省はホームページに「事業者の行政処分情報」を掲載しており、会社名を検索すると、違反の有無と重大さが点数化されて出てくる。

 これを見ればバス会社ごとの安全性は一目瞭然だが、今回の事故でも分かったようにツアー会社とバス会社は別だ。キースツアーのパンフレットにはイーエスピーの名前は一切なかった。

 この構図は大手ツアー会社でも変わらない。主なツアー会社のパンフを集め、バス旅行の際、会社を明示しているか、どうか。明示していても、バス会社が国交省の処分を受けているか否かを調べてみた(別表)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る