高市総務相も逃げた国連「表現の自由」特別報告者の舌峰

公開日: 更新日:

 安倍政権にしたら「厄介者がやっと帰ってくれた」というところじゃないか――。日本における「表現の自由」を調査するため、国連人権理事会から“特別報告者”に任命されたデビッド・ケイ氏(47=米カリフォルニア大アーバイン校教授)が、1週間の滞在を終え、19日米国に帰国した。

 本来は昨年12月に来日するはずだったが、直前に日本政府が「来秋への延期」を要求。これに対し、「国連の調査を妨害するのか」という批判が世界中で高まり、今回、予定が前倒しされたという。

 ケイ氏は、19日帰国直前に外国特派員協会で会見。政府の“ドタキャン”の経緯について質問されると、こう説明した。

「昨年11月、日本の外務省から『予算編成作業があり十分な受け入れ態勢が取れない』と説明があった。本当の理由はそちら(日本のマスコミ)で政府に聞いて欲しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る