豪遊出張は都職員のせい 舛添知事がTVで語った苦しい弁明

公開日:  更新日:

 公用車の私的利用や海外豪遊出張問題で炎上中の舛添要一・東京都知事(67)が9日、TBS系のニュース番組「NEWS23」に生出演。問題についてシドロモドロになりながら弁明した。

 昨年5月から計48回、神奈川・湯河原町の別荘と都庁などを公用車で行き来していた理由をキャスターから問い詰められると、「股関節の手術の療養のために通ったが、おかげさまで体調はだいぶ戻った」「今後は公用車を使わないようにする」と言い訳した。

 海外出張時に使った高級ホテルや空港貴賓室について、「先方が用意したものをそのまま利用していた」「事務方に任せきりだった」と、責任逃れとも取れる発言を展開。なぜか、ファーストクラスを利用した理由については、「しっかり寝ないと(外遊先で)仕事ができない」とかたくなに必要性を訴えた。

 よほど後ろめたかったのか、舛添知事の笑顔は終始ひきつっていた。税金の無駄遣いは許されない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る