重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

誤通知も判明…新電力「東京電力PG」データ消失のお粗末

公開日: 更新日:
信用は低下(東電の広瀬社長)/(C)日刊ゲンダイ

 電力小売りの全面解禁から3カ月。これまで大手10社の独占体制だった家庭向け電気がどの企業でも自由に売れるようになったものだが、早くもその枠組みを揺るがせかねない事態が起きている。

 東京電力ホールディングス傘下の送配電会社、東京電力パワーグリッド(…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  3. 3

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  4. 4

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    “大阪級”コロナ感染爆発で全国新規1日1万5000人の衝撃試算

  9. 9

    安倍政権からの政治劣化が招いた不真面目ほど得をする社会

  10. 10

    吉村府知事ドヤ顔”手柄”自慢に現場から上がる疑問の声

もっと見る