誰を“血祭り”に? リオ閉幕で「東京五輪利権」追及本格化

公開日:  更新日:

 リオ五輪は21日(日本時間22日)に閉幕。次は東京となるわけだが、小池都知事が五輪旗受け取りの「ハンドオーバーセレモニー」から戻れば、いよいよ“五輪利権”の調査が本格化する。誰を“血祭り”に上げるのか。すでにターゲットの絞り込みが行われている。

 小池がブチ上げた「都政改革本部」は18日、新たに外部の5人のメンバーが追加され、合計10人となった。このうち「東京五輪・パラリンピック調査」のキーパーソンとみられるのが最初に任命された2人。弁護士の坂根義範氏と公認会計士の須田徹氏である。

 坂根氏は、小池を都知事選の時から応援してきた若狭勝衆院議員と同じヤメ検で、若狭の弁護士事務所に所属している。須田氏は債権回収のプロとして知られている。

「この2人がメンバーに加わったということは、狙いは『疑惑追及』。具体的な“成果”を出してくるでしょう」(都政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る