• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誰を“血祭り”に? リオ閉幕で「東京五輪利権」追及本格化

 リオ五輪は21日(日本時間22日)に閉幕。次は東京となるわけだが、小池都知事が五輪旗受け取りの「ハンドオーバーセレモニー」から戻れば、いよいよ“五輪利権”の調査が本格化する。誰を“血祭り”に上げるのか。すでにターゲットの絞り込みが行われている。

 小池がブチ上げた「都政改革本部」は18日、新たに外部の5人のメンバーが追加され、合計10人となった。このうち「東京五輪・パラリンピック調査」のキーパーソンとみられるのが最初に任命された2人。弁護士の坂根義範氏と公認会計士の須田徹氏である。

 坂根氏は、小池を都知事選の時から応援してきた若狭勝衆院議員と同じヤメ検で、若狭の弁護士事務所に所属している。須田氏は債権回収のプロとして知られている。

「この2人がメンバーに加わったということは、狙いは『疑惑追及』。具体的な“成果”を出してくるでしょう」(都政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る